「私に出会えて本当に良かったと思う人はRT/いいね」っていうツイートにもやもやしたので

Twitterでタイトルのハッシュタグが流行っていてもやもやしたので書きなぐる。
もし不快な気持ちにさせてしまったらごめんなさい。

 

 

私も何回かRT/いいねしてから気づいたんだけど、このタグやめた方がいいと思うんだ。

結局のところ、
1.他人のRT/いいね数と比較して落ち込む
2.インプレッションの数と実際のRT/いいね数と比較して落ち込む
3.たくさんRT/いいねがついても、特定の人からつかなくて落ち込む

このあたりのどれかになると思っている。少なくとも私だったら。

たしかに少しでもRT/いいねされて嬉しいんだよ!って人もいるはず。
だけどそういう人はこのハッシュタグ使わないんじゃないかな〜と思ったり。

あと、どうしても他人にRT/いいねを強いている気がしてあまりいい気がしない。
あーなんとなくいいねしとくかな、くらいの気持ちでもいいねしちゃうよ、これ。

そんなことするくらいなら直接言葉にしてもらったほうが良くないですか?
SNSじゃなくて直接(もしくはVRでも)会いに行って、まずは自分から感謝を伝えたらいい。
たしかにリプライで言葉を述べてくれる人もいるし一概に言えないけども、そういう人はこんなハッシュタグ使わんでも言ってくれるよ。

 

 

っつーか「いないと思うんだけど」とか予防線はるな!いるから!

 

 

 

 

 

承認欲求は誰にでもあるし、それが悪いとは言うつもりはないんです。
ただ、他人の評価で判断するのはやめようっていうお話。
経験上、他人の評価を気にしだすとどんどんマイナス思考に陥って何も出来なくなるので。
そんなことないですかね?それならいいんだけど。

世の中には相性の合う人、合わない人がいる。そして他人のことは変えられない。
だったら自分本位に生きましょうよっていうね。なんかまとまらないけどそんな感じ。

というわけで、この記事を読んで落ち込んだり気分を悪くしたりした方も気にしないでね。
「こいつはこんな考えするんだな〜」くらいで軽く流してもらえれば幸いです。

いつも絡んでくれるフレンド、技術情報を提供してくれる先人たち、そして可愛く面白いSSをアップしてくれるフォローもしていない方々、みんなに多かれ少なかれ感謝してるよ。

こっ恥ずかしくなってきたのでそれっぽい名言貼って締めます。

過去と他人は変えられない。しかし、いまここから始まる未来と自分は変えられる。 by エリック・バーン(心理学者)

というわけで承認欲求丸出しのツイートをした男の本音でした。ばいばい。